読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月と言えば卒業式シーズン

そろそろ2月も終わりに近づき、3月と言えば卒業式のシーズンですね。

僕は学校行事の中で「○○式」と呼ばれるものにあまり縁がなかった気がします。

 

高校の卒業式は当時行きたかった大学の試験日が重なってしまったので

どうすることも出来ず、きっぱりと諦めました。

後日、卒業証書などを貰いに学校まで行くと

その場にいた生徒と先生方がお祝いしてくれ、照れくさかったですが

嬉しかった記憶があります^^

 

 

反対に大学の卒業式は実は苦い思い出が詰まっていますね…

当時、就職活動を行っていた僕は志望企業に合格することができず、

卒業式を迎えることになりました。

就職が決まらなかった悔しさと、行き先の決まった友人達を羨む気持ちで

卒業式にどんな顔して行ったらいいか分からず、足が遠のいてしまいました。

 

その時は欠席したことに対して、あまり深く考えていなかったのですが、

数年経って振り返ってみて、非常に後悔しています。

大学入学からお世話になった教授や友人達に

4年間のありがとうの気持ちを伝えることなく卒業してしまったことを。

 

今、卒業を迎えようとしている人たちの中で

当時の僕と同じような考えや気持ちになっている人がもしいたら

僕は式に参加することをおすすめします。

少なくとも、お世話になった方々にしっかりと感謝の気持ちを伝えた方が

後々、後悔することもないですよ。

 

僕は何かをやってみて失敗した時の後悔よりも、

何かをしなかったことに対する後悔の方が

大きくて、しかも長期間自分の事を苦しめるような気がします。

皆さんはどうでしょうか?